top of page
  • 執筆者の写真金 用大

日本シリーズ

物心ついたときから阪神タイガースのファンでした。3歳のころに、プラスチックのバットを持って母の買い物について行って肉屋の前でバースや掛布のマネをしていたそうです。


しかし、幼い私にとって阪神タイガースは愛すべき弱小球団でした。

たまに勝つともちろんうれしかったですが、それよりも、和田豊がライト前ヒットを打ったり、新庄剛志がバックホームでアウトにしたり、という勝ち負けではないところが楽しみでした。


ここ10年程の「強い」阪神には勝ちを期待しすぎてしまって、30年前のように純粋にタイガースの野球を楽しめなくなっていたのかもしれません。

最終的にCSで敗退する阪神に、やるせない気持ちを抱いていました。


ところが今年のタイガースは一味違います。

久しぶりにペナントレースを制し、CSも勝ち抜いて、日本シリーズにたどり着きました。


そして幸運なことにシリーズ第5戦のチケットが手に入り、オリックス(山本由伸)ファンの妻と一緒に見に行ってきました。

前日に大山選手がサヨナラヒットを打った次の試合です。

私の斜め前の席の年配男性は、大山選手の第一打席で既に感極まって泣いていました。


試合は途中までは良いところがありませんでしたが、湯浅投手の登場で一気に湧いた大観衆の声が後押ししたのか、逆転勝利でした。

森下選手の逆転タイムリーのときは、本当に地鳴りのような歓声でした。

また来年も楽しませてください。

最新記事

すべて表示

タイ長期出張中の過労自死事件

日立造船の若手男性社員上田優貴さん(当時27歳)が、長期出張中のタイの現地プラントで転落し亡くなったのは、業務により精神疾患を発症したことが原因であるとして、大阪南労基署は、本年3月4日、労災認定しました。 本件について、昨日、ともにここまで頑張ってきた上田優貴さんのお母さんや弁護団の先生方と一緒に、大阪地方裁判所にて記者会見を行いました。 会見の時にお母さんが読んでいらっしゃった、上田優貴さんの

卒業式

3月も下旬になり、春の香りがしてきたかと思いきや雪がちらつくこともあり、なんとなく身体が落ち着かない気持ちがしております。 卒業式シーズン真っ盛りで、今日も近所の小学校で卒業式がありました。 最近の小学生は男の子はスーツ、女の子は袴を着るのが普通みたいですね。とても大人っぽくて素敵でした。 さて、うちの恐竜大好き小学一年生女子が通う小学校でも、先日卒業式がありました。しかし、我が家には関係のないイ

Comments


bottom of page